• 学校案内
  • 受験生の方へ
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ

カリキュラム

基礎分野 科学的思考の基礎・人間と生活・社会の理解と人間理解を深める基礎を学ぶ。
専門基礎分野 人間の身体の構造と機能、疾病の成り立ちと回復の促進への援助となる基礎を系統立てて学ぶ。
専門分野Ⅰ 看護実践の基礎となる看護理論や看護技術を学ぶ。また看護師としての倫理的判断が出来るための基礎を学ぶ。
専門分野Ⅱ それぞれの発達段階、ライフステージにある人々に焦点を当て、人々が自らより健康な状態に回復、保持、増進でき、その人らしい生活が出来る看護方法を学ぶ。
統合分野 それぞれの分野で学んだ知識技術を統合し、より臨床実践に近い形で看護を学び卒業後臨床へスムーズに適応できる方法を学ぶ。
区分 1年 単位
(時間)
2年 単位
(時間)
3年 単位
(時間)
基礎分野 論理学 1(30) 情報科学Ⅰ 1(30)    
物理学 1(30) 情報科学Ⅱ 1(15)
哲学 1(30) 教育学 1(30)
文化人類学 1(30) 医学英語 1(30)
社会学 1(30)    
心理学 1(30)
人間関係論 1(30)
英会話 1(30)
運動と健康 1(30)
専門基礎分野 解剖生理学Ⅰ 1(30)
解剖生理学Ⅱ 1(30)
解剖生理学Ⅲ 1(30)
解剖生理学Ⅳ 1(30)
生化学 1(30)
栄養学 1(30)
病態総論 1(15)
病態治療各論Ⅰ 1(30)
病態治療各論Ⅱ 1(30)
病態治療各論Ⅲ 1(30)
病態治療各論Ⅳ 1(30)
病態治療各論Ⅴ 1(30)
病態治療各論Ⅵ 1(30)
微生物学 1(15)
薬理学 1(30)
生活科学 1(15) 総合医療論 1(15) 関係法規 1(15)
    公衆衛生学 1(30)    
    社会福祉概論 1(15)
    社会福祉方法論 1(15)
専門分野Ⅰ 看護学概論 1(30) 臨床看護総論 1(30)
基礎看護技術Ⅰ 1(30) 看護研究 1(30)
基礎看護技術Ⅱ 1(30)    
基礎看護技術Ⅲ 1(30)
基礎看護技術Ⅳ 1(30)
基礎看護技術Ⅴ 1(30)
基礎看護技術Ⅵ 1(30)
看護過程展開技術 1(30)
基礎看護学実習Ⅰ 1(45)
基礎看護学実習Ⅱ 1(90)
専門分野Ⅱ 成人看護学概論 1(15) 成人看護援助論Ⅰ 1(30)
    成人看護援助論Ⅱ 1(30)
    成人看護援助論Ⅲ 1(30)
    成人看護援助論Ⅳ 1(30)
    成人看護演習 1(30)
老年看護学概論 1(15) 老年看護援助論Ⅰ 1(30)
    老年看護援助論Ⅱ 1(30)
    老年看護演習 1(30)
小児看護学概論 1(15) 小児看護援助論Ⅰ 1(30)
    小児看護援助論Ⅱ 1(30)
    小児看護演習 1(30)
    母性看護学概論 1(15)
母性看護援助論Ⅰ 1(30)
母性看護援助論Ⅱ 1(30)
母性看護演習 1(30)
精神看護学概論 1(15)
精神看護援助論Ⅰ 1(30)
精神看護援助論Ⅱ 1(30)
精神看護演習 1(30)
成人看護学実習Ⅰ 2(90) 成人看護学実習Ⅱ 2(90)
老年看護学実習Ⅰ 2(90) 成人看護学実習Ⅲ 2(90)
    老年看護学実習Ⅱ 2(90)
    小児看護学実習 2(90)
    母性看護学実習 2(90)
    精神看護学実習 2(90)
統合分野 在宅看護概論 1(15)    
在宅看護援助論Ⅰ 1(30)
在宅看護援助論Ⅱ 1(30)
在宅看護演習 1(30)
医療安全 1(30) 看護管理 1(30)
    災害医療と国際協力 1(30)
看護の統合と実践 1(30)
在宅看護論実習 2(90)
統合実習 2(90)
合計 39単位(1110時間) 38単位(1095時間) 20単位(825時間)
97単位(3030時間)