• 学校案内
  • 受験生の方へ
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ

挨 拶



    奈良市長 仲川 げん



市長挨拶

 少子高齢化の進展、医療技術の進歩、国民の意識の変化など、現在、医療・看護を取り巻く環境は大きく変化し、看護師に求められる役割は増大しています。
 こうした時代の要請に応えて、平成25年4月1日、奈良市立看護専門学校が開校いたしました。近隣には市立奈良病院という実践の場があり、身近に医療・看護を学べる最適な環境にあります。
 医療技術や機器は日々進歩しますが、医療・看護の原点はあくまでも「人」です。人と自然と歴史が共生する伝統ある奈良の地で、看護師としての知識や技術はもちろんのこと、豊かな感性や人間性を磨いていただくことを期待しています。




    校長 今井 俊介

校長挨拶

 iPSを用いた再生医療や「がん」を治す免疫治療薬の発見等、近年の医療の進歩には目を見張るものがある中で、生命の尊厳を持つ“人”を看護する看護師の役割の重要性は言うまでもありません。
 看護師は太古の昔から医師、聖職者と共に3つの天職の一つとしてされていたのです。
 本校は、高度な知識・技術はもとより、特に豊かな人間性を有する看護師の育成を目指すことを目標に教育を行っております。
 1300年以上脈々と受け継がれた伝統を有する、日本国の発祥の地とされる奈良市のこの看護専門学校で一緒に看護の道を歩もうではありませんか!